ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

腰と月とウォーキング

「腰」という文字
分解すると
「月」と「要」という漢字が入っています。


「月」はお空に浮かぶ
まんまるお月さまの「つきへん」ではなくて


「にくづき」といって
歩いている人の象形文字です。



そう考えると

「腰」は歩くときの「要」(かなめ)として
機能していると
昔の人は直感的にわかっていたのかもしれません。



歩行時は上半身と下半身が
まったく逆の動きをします。

そのバランスの橋渡しが「腰」です。


例えば、足をケガしても
腰がしっかりしていれば、
痛みを我慢して歩けたりしますが


腰が痛かったら、
・・・立つことすら出来ません。



現代人は乗り物が発達して歩く機会が減りました。

それに伴って骨盤を引き上げる
筋肉が退化していることが
腰痛を現代病としているのかもしれません。



「慢性的な腰痛」の最大の解消法は
「ウォーキング」というのは

どこの先生に聞いても
そうおっしゃいます。


ただ、同じウォーキングをするのであれば

せっかくですので


姿勢を真っ直ぐにして

骨盤の回転と引き上げを意識して

ウォーキングをしてみては
いかがでしょうか?




ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2008/08/04(月) 14:01:16|
  2. 健康(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/70-b47c33dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。