ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぎっくり腰はクセになるのか?(3)

昨日、一昨日はぎっくり腰の
「慢性腰痛悪化型」
「気候影響型」
とご説明しましたが

文が長すぎて疲れました・・・



他にも「その他併発型」とかありますが、
上記2型に当てはまらず
昔に痛めたものが、定期的に再発する場合もあります。
交通事故とか骨折(主に下肢)とか木から落ちたとか
「その他併発型」はそんなもので・・



では、「どうしてクセになるのか?」
ということですが、




ほとんどの方が、
「日常生活で上半身を支えていられるだけの
「筋力」がないからです!」

・・・と、いうのは運動不足の現代人の方は
よくわかっていらっしゃると思います。



「腹筋と背筋を強くしなさい」と
いろいろな所で言われています。

もちろん、それもあるんですが・・・


スポーツや筋トレをかかさず
やっていらっしゃる方でも
しょっちゅう腰を痛める方もいますよね。


「腹筋と背筋の筋力バランスが悪いからだ」

もちろん、それもあると思います。


私は、それ以外にも
骨盤と背骨の関係性を考えます。


建物でいうなら
骨盤を「基礎」とし、
その上に背骨と椎間板いう「柱」と「クッション」があって
柱を倒れないように「前後左右から人が支えてる」
それを筋肉と考えます。


これらが、微妙なバランスを保っていて
まっすぐに「柱」が立っているとしたら
わかりやすいかもしれません。

このバランスを、「腰仙アライメント」と
呼ばさせていただきます。



で、筋力トレーニングだけにとらわれず
多角的に「腰仙アライメント」を整えれば
ぎっくり腰はクセから脱出できるのでは
ないかと思うわけです。


難しいですよね・・・
私もなんだかわからなくなってきました




結局のところ、「腹筋や背筋の筋力強化」だけに
とらわれずに多角的に考えないといけないと
伝えたいわけなんです。




↓ポチっとしてもらえれば続きが書けます↓


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2008/07/30(水) 12:06:30|
  2. 健康(体幹)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

私は筋力はそんなに関係ないのではないかな?と考えていますv-91大事なのは、仙腸関節での安定(潤滑)が関連あると考えています☆難しいですよね…
  1. 2008/07/30(水) 22:44:25 |
  2. URL |
  3. 骨太 #-
  4. [ 編集]

骨太先生、そうなんです。
椎間板が安定していないのに他院などで腹筋背筋の筋トレをすすめられて、腰痛がヘルニアになって入院や手術をせざるをえないかたをたくさん見ました。
きちんと筋トレしている方なのに、筋力不足だからもっともっと筋力をつけなさいと言われたけど筋トレ増やしてもちっとも治らないという方もいますよね。
一概に腰痛=筋力不足と説明してしまうことに疑問を感じています。
  1. 2008/07/31(木) 09:20:55 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/64-617edeb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。