ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頭痛の原因や症状などの分類

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。



最近は、ダイエットや
トレーニング関連記事が
続きました。



今日は頭痛について


ちなみに「頭痛」という
病気はありません。

自覚症状です。


何らかの原因があって頭痛という
自覚症状が出現するわけですが
この原因は人によって様々です。


頭痛持ちの多くの方は、
頻繁に頭痛症状を繰り返しますが
場合によっては重篤な疾患が
隠れている事もありますので

激しい頭痛や、長期に渡って痛みがある場合は
きちんとした検査が必要であるという事は
言うまでもないですね。






現代医学では
頭痛の原因は大きく分けると
2つに分類できます。

1つは症候性頭痛
もう1つは機能性頭痛
呼ばれています。



【症候性頭痛】

器質性疾患が原因で起こる頭痛です。

脳梗塞、脳内出血やクモ膜下出血など脳血管障害によるもの
脳腫瘍、慢性硬膜下血腫などの圧迫によるもの、
副鼻腔炎、髄膜炎など細菌感染によるもの
他にも眼疾患、高血圧によるものなどもあります。




【機能性頭痛】

検査で器質性疾患がないもの



1.偏頭痛(片頭痛)

片頭痛と言われるように
その多くは片側に見られる。
拍動性のズッキンズッキンとした痛みで
症状が強くなると、吐き気、嘔吐など
することもあります。

脳血管が拡張した時に血管壁への刺激が
この頭痛になると言われていているので
お風呂などに入って血圧などが上昇すると
痛みがズキズキと悪化するのが特徴です。



2.群発頭痛

原因不明の頭痛。20~40代の男性に多く起こり
目の周囲や目の奥~側頭部に鋭い痛みが突発的に現れる。
1~2時間程で症状が消失するが、
同じ時間帯に繰り返し同じような痛みが出現するのが特徴。



3.緊張性頭痛

頭痛の約9割を占めると言われているのが
この緊張性頭痛で、頚~肩にかけての
筋肉の緊張が頭痛の原因となります。
後頭部や側頭部などが締め付けられるように
キリキリと痛むのが特徴。



基本的に、
整骨院に関係があるのが
この緊張性頭痛です。

頚部の関節や筋肉に
損傷や歪みなど不調があり
筋緊張が強くなると
頭痛を引き起こすことは
良く有ります。

交通事故のムチウチ損傷から
将来的に頭痛持ちになる方も
多いのではないでしょうか。




頭痛の治療は

原因の解明と
ペイン(痛み)コントロールが
大切だと思います。

病院の頭痛外来などに行くと
ペインコントロールとして
「消炎鎮痛剤」を処方されます。
いわゆる頭痛薬ですね。

同じ種類の薬を飲み続けると
だんだん効果が薄くなってきます(薬物耐性)
定期的に量や種類を換えたりする
こともあります。

ただ痛み止めは胃炎などを
引き起こすこともありますので
元々胃が弱い人は
あまり向いていないかもしれません。

その辺は、お医者さんと相談して
決められると良いのではないかと思います。




頭痛自体、
根本的解決が難しい
症状ですので

どうやって上手く自分の症状と
付き合うかが大切だと思います。






次回は

整骨院的立場と緊張性頭痛の
関係をもう少しお話できれば
と思います。






ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

  1. 2010/08/28(土) 17:17:55|
  2. 健康(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/628-72a11dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。