ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アキレス腱断裂

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。


先日から、どーでもいいパソコンの修理ばっかり
書いていたので人間のケガことも書かねばと反省中

そんなわけで

今日は、「アキレス腱断裂」について。

最初に言っておきますが長くなります。




■ところでアキレス腱って何?

アキレス腱とは足首の後ろ側
踵(かかと)の上部にある腱のことです。



よく「腱とスジはどう違うんですか?」
と聞かれることものありますが
「牛スジは牛のアキレス腱なので同じものでしょう」
と答えています。

一般的に筋肉の端の硬い部分をスジと言う意味で
使っている人が多いので、それが腱だと思ってもらっても
良いのではないかと思います。


さてアキレス腱に話を戻します。
アキレス腱は下腿三頭筋腱の別名で
ギリシャ神話に登場する駿足の英雄アキレウスから
名前がつけられています。

アキレウスの母親が子供のアキレウスを不死の池に浸けるのですが、
その時に母親がつかんでいた足首の部分だけ水に触れなかったので
そこがアキレウス唯一の弱点になり、敵に矢で射られた傷が致命傷となり
死んでしまうわけです。


人間はアキレス腱が切れても死にはしませんが
スポーツをやっている方は致命傷となり、
選手生命を絶たれてしまうこともあります。




■どんな時に起きますか?

基本的に走る競技なら
どんな場合でも起こり得ますが

特に多いのはママさんバレーの選手に多いです。
後は、子供の運動会とかでハシャギ過ぎたお父さんとか・・

このようなことからアキレス腱の柔軟性は
年齢と共に失われていくのではないか
ということが容易に想像できます。



■アキレス腱断裂の特徴

アキレス腱断裂は受傷時に
「(誰かに)蹴られたかと思った」
「バットで叩かれる感じがした」
と衝撃はあるものの切った瞬間は痛みがないのが特徴で
腫脹とともに後からズキズキとひどく痛くなってきます。

受傷直後から立つ事ができず
アキレス腱部は消失し、腱を触っても手ごたえがなく
陥凹してしまいます。

その場合、本人が無理に立とうとしたり
仲間が肩をかして立たせようとすると
下腿三頭筋に腱が引っ張られ腱端が
どんどん離れていきますので
断裂と疑わしい場合は必ずタンカで運び出して下さい

その辺は現場の判断が大切です。


歩行は全然できませんから
普通は救急車で運び出されるでしょう。

そういう意味では、
整骨院・接骨院で診る機会は少ないです。



■治療法は?

治療法は大きく分けて2つ
「手術療法」と「保存療法」です。

いずれも、選手として復帰までに
半年くらいかかるということに差はないようです。

ほっといたら自然にくっつくということは
理論上ありえません。


手術の場合
直視下で行い健の端を引っ張って縫い合わせ
足首を伸ばしたままギプスで4~8週固定
その後、装具などで保存的に6~10週かかるのが
一般的な目安のようです。

保存療法
足首を最大に伸ばした状態で5~8週ギプス固定
絶対に体重をかけないように松葉杖歩行。
その後、装具を4週以上しながら、
徐々に歩行の訓練から始めていきます。


手術の場合、アキレス腱の柔軟性はかなり失われますので
スポーツ競技によっては致命的となる可能性もあります。

保存療法は、受傷時に腱端が離れ過ぎていると適応できず
ギプス固定時の管理も難しいので、スポーツ専門の整形外科などで
医師とよく相談され方が良いでしょう。



■リハビリテーション

リハビリテーションは
荷重訓練→歩行訓練から始まり
片足立ち→片足つま先立ち→片足ホップ
と徐々にレベルアップしていきます。
ジョグ→ダッシュ→前後切り返しなどがクリアできたら
ある程度練習再開できるようになりますが、
その後しばらくはテーピングやアフターケアが必要になるでしょう。

じっくりとあわてず根気良く、
完治に向けてのリハビリテーションが必要です。


アキレス腱はどんな競技においても重要な役割をします。
競技復帰を急ぎすぎて「再断裂」なんてケースも多いので
よく担当のお医者さんと相談して競技復帰を目指して下さい。







ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/05/20(木) 16:21:10|
  2. 健康(下肢)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/579-fa5b3285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。