ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

左利きのための書道教室

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。



雨は上がりましたが
今日も寒いですね。


突然ですが、私は「左利き」です。

オバマ大統領も左利き
という記事を以前書いたら

「左利き」で検索してこのブログに
たどりつく方もいるようです。


ちなみに、検索ワードランキング上位は
「ココスの朝食バイキング」と
「寝すぎて腰痛」です。

寝すぎて腰痛になる人
意外と多いんだなぁ・・



右利きの人からすれば
「右手でやることを、左手でやっているだけ」と、
単純に思っている方が、たくさんいらっしゃいます。

でも、実際は
「世の中のほぼすべて」が
右利きの人が使いやすいように
出来ています。

・自動販売機のコインの入れ口(右にある)
・駅の自動改札のタッチする場所(右にしかない)
・ドアの開け閉め(左手で開けると入りづらい)
・パソコンマウスの左右のクリックボタン(左クリックが中指)
・デジカメのシャッター(右手でシャッターを押す)
・バイキングのスープのおたま(まん丸はいいけど涙型のやつ)

数えたらキリがありませんが

工業製品で左右非対称のものは
すべて右手で使用することを
前提としていますので

使う頻度が高いものを
より右側に配置するわけです。



そして、左利きの人が最も恐れるもの・・・


それは書道です。



「左手」で筆を使う場合
筆先が「右」を向きます。

そのまま縦や横に線を引くと
筆の入りが逆の角度になります。

syodou1.jpg
赤○印の角度が逆になる。


これが、左手で筆を使いづらい原因
となります。


それならば、いっそ右手で書けばいいのですが
普段、使い慣れない右手で文字を書くというのは
大変な苦痛を伴います。



でも、実は左手でも楽々書道ができる方法があります。



それは「半紙を斜めに置いて対角線に書く」
という方法です。




まずは、半紙を斜めに置きます
syodou2.jpg
写真を斜めに撮ったわけではありませんよ。




自分は正面を向いたまま




文字を斜めに書いていきます。
syodou3.jpg
書道の基本「永」という字



こうやって書けば

筆の始点が逆角度にならないで済みます。



左利きだけど、
どうしても「筆」や「万年筆」を
使わなければならない場合

ちょっとした工夫で
案外、書きやすくなったりするものです。

※冠婚葬祭の時は筆で書くことが多い・・・



応用すれば万年筆で
ローマ字の筆記体も書けますよ。


左手で文字を書く人は
是非、やってみてください。

これは、目からウロコです。






ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

  1. 2010/02/16(火) 18:39:05|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/528-1345789a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。