ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理想的な枕の高さ

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。



では、先日の続きです。




●低反発枕


よく患者さんから「低反発枕はどうですか?」
と聞かれます。

私は、低反発の枕はあまりオススメしていません。


もちろん
「低反発枕にしたら肩こりが良くなったよ」
という方も多くいらっしゃることは知っていますので。

そういう方は、特に変える必要はないと思いますが




低反発枕に限らず、
頭の形にフィットするものや
頚椎のカーブに合わせた形状というのは
どうも、イマイチ合わない気がします。


背骨は生理的S字湾曲というのが
あるのですが、これは2足歩行する時に
重心を逃がすための構造なのですが

垂直方向に負荷がかかる時に
荷重を逃がす形状のS字カーブが、
寝るときにも同じ形状で働いていると
筋肉の緊張が起立時と同じ状態になり
少し、力の入った状態になります。


一番理想的なのは
「筋肉の緊張がなく」
「関節に負荷のかからない」
枕が良いのですが

頚椎カーブ枕は
人によっては、無理に首を持ち上げ
関節に負荷がかかる可能性が高い
ということになります。



では、理想的な枕とは
どんな枕でしょうか?



脱臼した関節をハメる時の考え方に
「ゼロポジション」というのがあります。

ゼロポジションとは
対になっている筋肉の緊張が
一番ゆるむ関節の位置で

だいたい、まっすぐより
少し曲けた位置と思ってもらって結構です。


首で言えば

椅子に座った状態で
目線を動かさずに膝を見て下さい。

この時に、首の後ろの筋肉の緊張が取れる
方向が一瞬だけあります。


その位置がゼロポジションです。

その状態をキープできるように
枕の高さを調整できれば

筋肉が弛緩し
関節に負荷をかけない枕が
できるということです。


この向きは、
X線などで計測したところ

約15°だそうです。


正面より15°下を向いて寝る


これが「理想的な枕の高さ」ではないかと
言われています。



首の角度が15°くらいになるように
枕の高さを調整すると

疲れも取れやすくなるのでは
ないかと思います。





ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:睡眠と健康 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/01/25(月) 17:57:51|
  2. 健康(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/512-8fd98669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。