ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

正しい枕の選び方

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。


本文右側に「Twitter」の
ブログパーツを追加してみました。

つぶやくと自動更新されるので、
いちいちtwitterのページを起動しなくても
見れるようにしてみました。

---------------------



先日の「寝すぎの腰痛」という
ブログ記事を書いたところ。

ブログを読んでいる患者さんから
「枕の選び方で首や腰が痛くなりますか?」
という質問を受けました。


せっかくの機会なので、今日は

カイロプラクティック・整体・整骨・接骨・スポーツトレーナーなど
人間の骨格・筋肉について長年多岐に渡って治療してきた経験上から

「正しい枕の選び方」について
解説したいと思います。



----------------------------

●枕の選びかた


枕の選び方のポイントは

「素材」「高さ・大きさ」「通気性」だと思います。


頭の重さは成人でだいたい5~8kgと言われています。
(ボーリング球より少し重いくらい)

それだけ重いものを一晩中支えるわけですから
しっかり支えられて、なおかつ重量を分散できるものが良いでしょう。


古来より「頭寒足熱」と言われるように
脳は熱によるダメージに弱いもの。

通気性が悪く、熱がこもる素材は
高温多湿の日本の気候には合いません。

熱がこもる枕は安眠の妨げとなります。



-----------------------------
●枕素材あれこれ


「羽毛・羽根」「綿」「発泡小ビーズ」「低反発ウレタン」「スポンジ」
これらが柔らかい部類の素材です。


「プラスチックパイプ・ペレット」「そばがら」「竹炭」「木チップ」
これらが硬い部類の素材です。


ちょっと変わった素材では
「塩」「水」「ヤシ繊維」「ティッシュの箱」「週刊少年ジャンプ」

なんかもあるようですね。


あ、ちなみに「ジャンプ」は
「マガジン」や「サンデー」でも代用可能です(ココ笑うところ)






私の考えでは硬いと柔らかいの中間くらい。

素材で言えば
柔らかいのが好きな方は「高反発スポンジ」
硬いのが好きな方は「プラスチックパイプ」「そばがら」

これらが通気性も良く、適当なのではないかと思います。
(私は硬めが好きです)


-------------------------
●枕の高さ・大きさ

皆さんが枕選びで一番悩むのが
高さ大きさではないでしょうか?


正常な健人であれば
一晩に大なり小なりで20回近く
寝返りをすると言われています。

寝返りをするたびに
頭が落ちそうになったら
おちおち寝ていられません。

少なくとも、枕の真ん中に寝て
左右を向いた時、頭が落っこちない程度の
大きさは必要でしょう。


高さに関しては
好みの問題もあるとは思いますが

上を向いた時にも横を向いた時にも
頚椎が反ったり曲がったりしない方が
良いと思います。

女性なら3~5センチ
男性なら4~7センチ
くらいが妥当だと思います。

もちろん沈み込みの高さも計算に入れなければいけません。



良く質問を受けるのは

「低反発枕ってどうですか?」

というもの。


私は低反発素材の枕はあまりオススメしていません。



その理由は・・・・・・









続きは次回に。


(またひっぱる気か!)





ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:睡眠と健康 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/01/22(金) 17:25:11|
  2. 健康(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/511-1b19cade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。