ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若年層の献血離れ

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。



コミックス「jin-仁-」の
単行本11巻~16巻まで
衝動的大人買いで入手。

これで1巻~16巻まで
揃いましたよ。

待合室に置いてありますので
ご自由にお読み下さい。





さて、今日の気になったニュース

若年層の献血離れが著しく、16~19歳の献血者は24年間で5分の1に、20歳代は半分以下に減った。このままでは将来、血液を安定して供給できなくなるとして、厚生労働省は男性の献血対象年齢を一部引き下げることを決めた。



厚生労働省血液対策課の担当者は、

「全体的に減っていますが、若者の献血率の低下は尋常じゃないです。
20数年でこれだけ減っているのは、若者の個人意識が高まり、
助け合いで成り立っている献血に対しての意識が変化していることが大きいと思います」
といっている。



いろいろな見解もあるでしょうが
厚生労働省の一方的に若者を悪者に仕立て上げる意見には
少し腹が立ちます。



「若い人に助け合いの意識がなくなってしまった」
ということですが


社会が相互扶助で成り立っている
というのであれば

まず、若者に社会的なメリットがなければいけませんね。




この24年前のデータも、有償採血
いわゆる「売血制度」を行っていた時のものと
無償採血の現在とを比較しているのもおかしな点です。



政治家や官僚など社会的立場にある方々が
自身の収入、地位、財産を守るのに
ご執心になっているさなか

「若者だけが助け合いの精神を失った」

なんてことを厚生労働省の役人が声高に言っているようでは
ボランティアの献血なんて、だーれもしません。


むしろ、
こんな世知辛い世の中になっても
病気で困っている人のために
無償で献血してくれる若者が
まだいてくれたことに
感謝したいぐらいです。





ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

  1. 2010/01/07(木) 22:33:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/499-e0259c59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。