ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誰でも一度はぶつかる壁

この業界で修行時代に
誰でも1度はぶつかる壁・・・




それは・・・







「包帯」です。





「えぇ~、そんなの簡単だよ」


と、思われるかも知れません。



通常薬局などで市販されている
傷口を固定する包帯は
「弾性包帯」と言われて

関節や身体の動きにフィットするように
生地にゴムが入っています。

エラスコットバンテージ(病院で好まれる厚手の包帯)
なんかもゴムが入っていますよね。





我々、柔道整復師は使う包帯は
「非伸縮包帯」で綿100%
ガーゼみたいな生地でできています。

そこは、きっと昔ながらの伝統とこだわりも
あると思いますが、


関節を固定するのは
伸び縮みしない包帯が1番だと思います。

包帯だけでテーピングと同じ効果もだせます。



しかも巻くときに、シワ等を作ると
面で圧迫できないので
シワが出来ないように
均一に圧力がかかるように
巻いています。


血行を阻害しないように
包帯の面で圧迫する。

これが、難しいです。




まー

何千回も練習すれば
誰でもできるようになります。

私も修行時代は先輩の手足を借りて
毎日練習したもんさ





特に、ももやふくらはぎなんかは
上と下の直径が全然違うので、
非伸縮包帯でズリ落ちないように
巻くのは「至難の業」です。

足首みたいに曲がったところも
結構、難しいです。
(でも足首の捻挫とか多いですから)



足首なんかはキレイに巻くと
包帯が麦の穂のように見えるので


「麦穂帯」(ばくすいたい)と呼ばれます。



麦穂帯とか螺旋帯とか環行帯とか
亀甲帯とか蛇行帯とか折転帯とか

これらを組み合わせて巻くわけです。





普通に生活してる分には
全然必要ない知識ですけど・・・




包帯、テーピングのことは
迷わず、整骨院にご相談ください。

と、いう宣伝でした。








ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2008/11/14(金) 10:39:15|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/202-caa93754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。