ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハロウィンを日本に定着させる方法

「ハッピーハロウィーン!」



と、いうことで
今日はハロウィンですね。



・・・ところで

ハロウィンって何だ?






子供が仮装して
お菓子をもらう日?

カボチャの収穫日かな?


などと考えております。




せっかくですので
調べてみますと・・



「ハロウィーン」

10月31日はケルト人の大晦日で
つまり11月1日が新年ということです。

大晦日にはあの世の門が開き、不浄な霊が彷徨い歩くので
子供が妖怪や怪物、魔女、ゴーストなんかに仮装して
街中を歩き、霊を追い払います。

追い払ってくれたお礼に各家庭はお菓子をあげる。
子供たちは、もらったお菓子を持ち寄って、ハロウィンパーティーを開く。

家の前には蕪やカボチャでちょうちんを作り
火を灯すと怖い顔が浮かび上がり、霊を追い払う。



日本では映画「E.T.」が大ヒットしてから
国内で徐々に定着しつつあるらしい。

※劇中で子供達の仮装にまぎれてETが
包囲網から逃げ出すシーン






しかし、お祭り好きの日本人に
いまいち定着や盛り上がりを
みせないのは理由があるそうです。


○そもそも10月31日は休日じゃない・・・

○秋は子供関連の行事が多いので
これ以上増やさないで欲しい。
(秋祭りや文化祭、音楽祭、運動会、七五三など)

○もともと東洋人には「霊を怪物が追い払う」
という思考がない。
(霊を追い払うのは神聖なものや浄化されたものである)

○夜、よそのお宅を訪ねる
という行為は、失礼にあたるし
子供の教育上良くない。






そんなわけでハロウィンを
もっと日本に定着させるポイントを
考えてみました。



「純和風ハロウィン」

○10月31日を祝日とする。
○秋祭りと一緒にして公園などに屋台や出店をだす。
○子供の仮装は好きなアニメとかヒーローとかのお面をつける。
○家でカボチャの料理を食べる。(内面から邪気を追い払い、長寿と健康を願う)
○子供の寝ている枕元に、夜中こっそりお菓子をおいておく。
(ジャックランタンがよい子にお菓子を配るということにする)



それぐらいしたら
日本でも受け入れられるんじゃないでしょうか?
きっと楽しいと思います。












あー



今日はワルノリがすぎましたね・・・












ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/10/31(金) 12:52:23|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/188-e3695000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。