ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜型新救急システム

明日10/1から「横浜型新救急システム」が運用開始されるそうです。
           (リンク有り↑)


横浜市では119番通報の内容から緊急度・重症度の識別を行い、
傷病者の状態に応じて救急車や消防車を弾力的に運用していくなど、
新たに救急システムを10月1日から開始します。


(横浜市HPより)


内容は

 ・119番通報で、年齢や症状などを詳しくお聞きします
 ・症状が重い場合は、救急車に加えて、消防車なども駆けつけます。
 ・症状が軽い場合は、救急車1台、隊員2名で対応することがあります。
 ・識別を行った結果、救急車が必要ない場合でも、看護師などが
  不安にお答えする救急相談サービス(電話を転送)を新たに始めます。

ということだそうです。



なるほど、重症か軽症か事前に振り分けをして
優先度をつけていくわけですね。
コールセンターの方も医学的知識がかなり必要になりますし
軽症と思って後回しにしたら、急変したということも考えられます。

そういった場合横浜市や消防署の責任というのもでてきますね。



症状が重い場合は消防車もかけつけてくれるそうです。

今の車は防音性も高いし、音楽も大音量で聴いているから
サイレンの音量も2倍にするんでしょうか?
良くわかりませんが・・・救急車の交差点での交通事故も多いらしいですから。



追記:

1.症状をコンピュータに入力していくと緊急かどうかわかるそうです。
2.それ以外にも救急専門医が24時間コールセンターに常駐し助言をする。
3.重症の場合、救急車と消防車同時に出動要請をして
  現場に近い車両から向かい、先に着いた車両が救命活動を開始する。





救急車の運用にあたっては全国的に問題視されています。


・子供が夜中、熱をだしたので薬をもらうために救急車を呼んだ。
・通院予約日だが、車で送ってくれる人がいないので救急車を呼んだ。
・風邪だが病院の待合室に患者さんがいっぱいいたので並ぶのが嫌だから
 一度家に帰って救急車を呼んだ。
・昼間病院行く時間がないので、夜家に帰ってから救急車を呼んだ。


いわゆる軽症というのは、こういうことでしょうか?



「税金をちゃんと払っているんだから市政サービスを無料利用するのは
市民の当然の権利である」と声高におっしゃる方もいます。



しかし、救急車不在のときに事故血管梗塞などで
亡くなったり後遺症を残したりするかたもたくさんいるそうです。



(上記すべて救急隊員の知人から聞いた実話です)







昔、田舎では救急車が家の前に停まると
夜中でも近所の人が
「大丈夫ですか、何かできることありませんか?」
と、心配して集まってきてしまうので、
救急車は死にそうになってから呼ぶものだと・・・


まぁ、それこまで我慢する必要もありませんが。


必要なときに必要な人が利用できるサービスであって欲しいものです。








ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/09/30(火) 13:09:48|
  2. 世相を斬る!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/155-3e7a2fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。