ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柔道整復師の起源

今日は柔道整復師の起源(ルーツ)について



一応独立開業シリーズの番外編で

学校では教えてくれない
柔道整復師の知られざる(?)歴史です。



患者さんとの話題の中で
コネタとして使ってください。




さて、柔道整復師のルーツは諸説ございますが


具体的には

推古天皇の頃、唐の医方によって伝えられた
徒手による整骨術の書物が元になっているのではないかと
いわれています。


推古天皇といえば聖徳太子の伯父にあたるわけですから
今から約1400年ほど前、飛鳥時代の頃が起源ではないかと
考えられるわけです。

※ここで言う整骨術とは骨折、脱臼などの処置のことです。



それから、たびたび行われる遣唐使による交易によって
仏教の書物と共に鍼、按摩、東洋医学などが
日本に伝えらたのではないかと。



もちろん、当時の整骨というものが
どんな学問だったか今となってはわかりませんが

内戦続く戦国時代になると「柔術」の発展に伴って
独自の進化を遂げるわけです。


柔術の基となっているのは
「組み打ち」と呼ばれるもので
合戦中に刀を失った武士が武器なしで、
鎧を着た敵に立ち向かうための武道であります。


相手も自分も鎧を着ているわけですから
動きは鈍重で打撃による攻撃は無効となり
必然的に、投げ技、関節技などが攻撃の主体となります。


その「組み打ち」の練習中に痛めた
骨、関節、筋肉、靭帯を
正常に戻して、合戦に臨む。


その手当て法が整骨術というわけです。


江戸時代に鎖国するまでの間
およそ1000年にわたって
武術家や医学者によって
積極的に大陸の医術を取り入れ
日本独自の「整骨術」を
作り上げていくわけです。



その後、江戸時代になるとオランダなどから
西洋医学が入ってきたり
杉田玄白らの「解体新書」など
医術に対する考え方も近代的になり


東西医療のミックスをして


江戸のほねつぎこと
名倉直賢先生が江戸千住に
日本で初めての「接骨専門診療所」を
開業するわけです。


それが柔道整復師の始まりと言われています。




ランキング参加中

病院ブログいっぱい→人気ブログランキング

よければこちらも→FC2ブログランキング

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/09/29(月) 18:16:41|
  2. 独立開業シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

なるほど~e-460そんな歴史があったのですねv-237勉強になりますv-411
  1. 2008/09/29(月) 21:49:28 |
  2. URL |
  3. 骨太 #-
  4. [ 編集]

単純に日本での歴史だけを考えると
西洋医学は明治維新以降なので140年前から
ほねつぎは1400年前から外傷処置をしているわけですね。

この後、ほねつぎは明治以降排除されていくのですが・・・
その歴史はまた、そのうち。
  1. 2008/09/30(火) 09:11:12 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/153-4187e98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。