ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お金の話・独立開業シリーズ

久々の独立開業シリーズです。

(「独立開業シリーズ」は
現在修行中の若者に向けて書いていますので
一般の方には面白くないかもしれません)


今日は、お金の話

開業するためには、
開業資金が必要になるのですが

整骨院を開業するのに
どのくらい必要になるのでしょうか?

教えてくれそうで、意外と誰も教えてくれない
経営の話です。


まず大きく分けて

設備資金
・内装や看板など内装費
・物療機械やベッド、椅子、机など家具
・洗濯機やレセプト用パソコンなど家電

運転資金
・サポーターや包帯、湿布などの消耗品の仕入れ
・水道、光熱費
・家賃・保証金
・従業員の給料(一人でやる場合は自分の生活費)
・広告・宣伝費(印刷代や新聞折込代など)

最初のレセプト請求してから
3ヶ月は窓口収入のみですので
余裕を見て半年くらいは収入が無くても
大丈夫な状態にしないといけません。

ざっとこんな感じです

開業するの嫌になっちゃいますね・・・


これらを計算して返済計画を立てて
銀行や公庫などに融資をしていただくわけですが

なるべく多く借りて
なるべく長期に返済することが大切です。

そうやって、社会のルールとか
金融の仕組みとかを学んでください。


後で足りなくなったからと追加で借りたりとか
金利を得するために無理な返済計画をたてて
返済が滞納してしまうと、社会的信用を失い
将来、事業拡大もできなくなります。


物療機械はリースでもかまいません。
リースは全額、経費計上ができます。

ただし、購入するよりも割高になり
リース期間終了時に入れ替えか買取をします。

※借金は、金利分のみ経費となります。

どっちが得かは人の話を聞いたりして良く考えてください。


それらを考えていくと借金総額は
1000万~2000万くらいでしょうか?
内装や設備によって大きな差があると思いますが・・

これを例えば10年で返済するとなると
1000万→月10万くらい
2000万→月18万くらい
といった感じになると思いますが
適当に計算したので違ったらすいません。

プラス毎月の家賃・水道光熱費・人件費
宣伝広告費・消耗品・仕入れなどが
毎月の運転資金になるわけです。


保険収入・窓口収入を合わせて
運転資金を引いた額
それが、院長先生の給料というわけですね。

でも、全額給料になるわけじゃなくて
当然税金も引かれますので・・・



これなら、自営じゃなく月給取りの方がいいかな
とか考えてしまうわけですが・・・

でも治療にしろ経営にしろ好きなようにできますので
お気楽でマイペースな私の性分に合っているのではないか
と思っています。







ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング


FC2ブログランキング

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/09/18(木) 16:44:45|
  2. 独立開業シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kntseikotu.blog116.fc2.com/tb.php/138-b703725a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。