ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

筋挫傷と皮下溢血

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。




急性外傷の一つに
「筋挫傷」というのがあります。


筋挫傷とは、
筋肉を急激に伸縮させた際や
ぶつけた時に起こる
筋損傷全般の事です。


程度の大小により

軽度の部分損傷~筋・腱の完全断裂まで

様々ありますが


有名なところでは

「大腿部の肉離れ」
「アキレス腱断裂」など

体重のかかりやすい場所が
好発部位となります。




その他には

ゴルフなどの体を捻るような
スイング動作で背中を痛めてしまう

「背部挫傷」も
実は意外と多いです。








挫傷は筋肉や腱の損傷ですので
基本的にレントゲンには写りませんが


痛みのある部位を触診すると

断裂部が触知できます。



・・・ですが

微妙な凹凸の感触なので
一般の方にはわからないと思いますので

ご自身で
グリグリ押したり
マッサージしたり
などはしないようにして下さい。

(普通は触れないくらい痛いですが)





その他の特徴的な症状としては

「末梢への皮下溢血」があります。


痛みの存在する損傷部位より下の方
内出血のような
いわゆる「青あざ」が
遅延性(翌日以降)で現れます。


kinzasyou2.jpg


痛い場所から
少し離れているため

後で発見した時に

「あれ?こんなとこ打撲したっけ?」

と勘違いされる事が
しばしばあります。




これは

損傷した筋肉の断裂部から
少しずつ血液が漏れ出し

血流や重力に従って
下方の皮下と筋肉の隙間に
溜まっていく現象です。





この「皮下溢血」自体
挫傷に限らずとも

打撲や骨折あるいは血管損傷でも
出現することがありますので

どこに損傷があるのか
慎重な鑑別が必要となります。






さて

挫傷の治療ですが

基本的には
安静と固定です。




筋肉が伸縮すると
挫傷の傷口が開閉して

治癒が遅れます。


その辺の考え方は
皮膚切創(切り傷)と同じです。


傷口がしょっちゅう開閉してたら
中々治らないと言えば
分かりやすいのではないでしょうか?






固定は程度により

■部分断裂なら

・テーピング
・キャストやシーネ(ギプス)
・包帯やバンテージ

などを用います。

(当院での対応もできます)



■完全断裂なら

手術で断裂部を縫合した後
ギプスで固定する場合もあります。

(手術のできる整形外科へご紹介いたします)





骨折や靭帯断裂に比べて
予後は良好な場合が多いですが

固定を外して
いきなり荷重をかけると
「再断裂」をする可能性が
非常に高いので



荷重訓練や日常動作は
段階的に慣らしていく
必要があります。



スポーツを始める時期や
リハビリテーションの
やり方などは

かかりつけの先生と
良く相談されて下さい。





再断裂により

当初の予定の倍以上
治癒日数がかかり

かえってスポーツや日常生活への復帰が
大幅に遅れてしまいます。







ランキング参加中です
↓よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキング

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2011/07/12(火) 11:18:06|
  2. 健康(下肢)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。