ちょっと骨休め

横浜市都筑区センター北の整骨院「港北ニュータウン整骨院」を開業しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランニング上級者のオーバーユース

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。


ランニング・ロードバイクなど

健康増進目的のスポーツが
最近、流行っているみたいですね。


それだけ現代社会がが
不健康になりやすい環境と
言えるのでしょう。


ランニングなどで
関節などを痛めた場合の

良くある大まかな原因を
昨日書きました。


こういったことを説明する場合

初心者の方は
比較的すんなり受け入れて
もらえます。

例えば

「筋力不足で関節を痛めて
しまったのでは?」

と説明すると


「しばらく走ってないのに急に走ったのが
いけなかったんですね」

となります。




しかし

ランニング上級者の方は
説明が難しいです。




日常生活にすでに
ランニングが組み込まれているので

ランニング=普通の事

普通の事をいつも通り
やっているので

「痛くなるはずがない」
「無理はしていない」

という思いが患者さんの中に
最初からあるのでしょう。



特に追い込みをかけたわけでもなく
いつもより距離を伸ばしたわけでもない

痛めるはずがないことを前提に

「なぜ痛くなったんだろう?」
と思っているので



オーバーユース(使いすぎ)ですね。
と説明しても



「いや、軽いジョギングしかしてませんよ?」

「最近はむしろ調子が悪かったので
距離も今までの半分しかやってませんし
ペースだって落としているんですから
痛くなるはずがないんです!」



「はずがない」と言われても
現実に痛くなっているわけですからねぇ

関節を痛めてしまった
現実は変えられません。




ちなみに

オーバーユースは
「使いすぎ」と訳されますが
実際はちょっと違います。


「使いすぎ」というと

距離が長いせいとか
時間が長いせいとか
体重が重いせいとか

そういった発想をされる事が
多い気がしますが



実際は、
「毎日の繰り返しの動作」
という意味が強いと思います。



ランニングだったら

20kmだろうが
500mだろうが

ほぼ毎日走っていたら

距離や時間に関係なく
同じ動作を毎日しているという
ことになります。



オーバーユースの場合は

まずは痛みがなくなるまで
休止が基本です


そこから
徐々に

休止
 ↓
筋トレ・ストレッチ
 ↓
軽いランニング
 ↓
通常走行

と慣らしながら
復帰していかないといけません。



ところが

ランニング上級者の方は
痛みがなくなると
すぐに通常ランニングに
戻したくなるので

治りが遅い場合が
結構あります。




せっかく健康増進のために始めた
ランニングでも
逆に体を痛めてしまっては
元も子もないですよね。




ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/11/26(金) 21:05:46|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランニングによる痛みの原因など

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。


朝晩だいぶ冷え込んで
きましたね。

それもそのはずです。

もう来週には12月か・・

早いものですね。


寒くなってくると
マラソンの大会が
多くなってきます。





整骨院の患者さんも

東京マラソンに当たったとか
地域のマラソン大会に参加するとか
そんな話が増えてきたり。

と同時に
ジョギング中のケガや故障が
増えてきています。






マラソンによる
痛みの原因は大きくわけると3つ

1.転倒などアクシデントによるもの(ケガ)

2.急にジョギングを始めたために、痛める(過負荷)

3.次第に違和感を覚える(スポーツ障害)

故障は大体この3つにあてはまるのでは
ないでしょうか?




1のアクシデントによるものは

膝や足首の捻挫、大腿部の肉離れ(挫傷)
手を地面に着いた時の上肢のケガ

などが多いです。


2のマラソン初心者の場合

膝や足首の関節の痛み
ももやふくらはぎの筋肉痛
シンスプリント


3のマラソン上級者の場合

膝裏の痛み
腰の痛み
ふくらはぎのひきつれ
足裏の違和感




1のアクシデントは
避けようがないとして


2と3は
原因を正しく理解することで
ある程度、避けることが出来ます。



・筋力不足によるもの
・準備運動やアップをしない
・クールダウンやストレッチをしない
・フォームが悪くなってきている
・多少痛くても走ってしまう
・オーバーユース(使いすぎ)



よくある原因は、
こんな感じです。



傾向としては

ランニング初心者の方は

走るのに必要な
筋力トレーニングをせず

いきなり長距離走ってしまって
痛める事が多いです

まずは、ウォーキングとか
筋トレやストレッチなどから
徐々に慣らしていく必要があります。



ランニング上級者の方は

関節の違和感などを放置して
フォームが崩れてしまったりとか
オーバーユース(使いすぎ)
によるものが多いです。

痛みや違和感がある場合は
思い切って休ませることも
大切です。



走ることは
ある意味
自分自身との戦いです。

だからといって

自分で何とかしようとして
結局、無理をしてしまうのが
一番良くないかもしれませんね。







ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング

FC2ブログランキング

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/11/25(木) 18:05:16|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3つの敵と休養する勇気。

こんにちは港北ニュータウン整骨院です。






昔のことわざで

「男子、家をいずれば七人の敵あり」

と言います。





時代劇好きなお父さんなら

意味はご存知でしょうが




男は家から一歩外に出れば

敵とか誘惑がたくさんあるので

いつ、いかなる時も

気を抜いた行動をしないように





とまぁ、大体そんな感じです。








えー、これとは関係ありませんが






スポーツをやる上での敵は

少なく見積もっても

3人はいるのではないかと

思ったわけです。







1つ目は実際の「敵」

対戦競技であれば相手チームだったり

計測競技であれば記録ですね。





2つ目は「己」

プレー中は一瞬でも気を抜いたら負けます。

ここ一番での集中力持続や、

メンタル的なタフさ

どんなに大差が付いても

最後まで諦めないことは重要です。


ラストに勝負をかけれられるように

集中力や体力を温存する

かけひきも大切です。






3つ目は「病」

スポーツを継続してやっていれば

必ずどこかをケガをしたり故障をします。




普段からトレーニングやストレッチなどで

予防をするのは言うまでもありませんが





一度、大きなケガをしてしまったら

100%元の状態に戻るということは

残念ながらありません。




どうやって、ケガを克服

あるいはカバーをして

プレーするかというのは


とても重要なことです。






敵を知り

   己を知り

     病を知れ!!







完全に体を壊してからでは

手遅れになります。




ケガをする前に

体をゆっくり休める勇気も

スポーツ選手には

大切なのではないでしょうか?







>ランキング参加中
↓いつも応援ありがとうございます↓


人気ブログランキング

FC2ブログランキング

テーマ:メンタルトレーニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/11/16(火) 16:34:48|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。